管楽器PLAZAニュースでは、新製品情報や管楽器にまつわる様々な情報を発信しています

最新ニュース

<リード>【新製品】D’Addario(ダダリオ)新世代樹脂リード“VENN(ヴェン)”クラリネット試奏レヴュー

News&Topics 商品比較

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

先日、3月27日(土)に発売された、D'Addario(ダダリオ)の新世代樹脂リード“VENN(ヴェン)”
クラリネットインストラクターに、さっそくサンプル品を試して頂きました。
試奏に使用したサイズは、売れ筋定番サイズになると思われる、”2.0、2.5、3.0”で実施しました。

2021年3月27日(土)に発売したVENN(ヴェン)の新製品情報はコチラ

ラゾーナ川崎店
クラリネットインストラクター 槌井 試奏レビュー

セッティング

  • マウスピース: Vandoren 5RVライヤー
  • リガチャー: Rovner 1R
  • リード: Vandoren V12 CL3.0

天然ケーンリードとの違い

  • 雑音がしないため、クリアな音色が得られる(特にタンギングのとき)
  • 天然ケーンリードで吹いた後は、VENNでピッチコントロールに慣れるまで10分くらい必要。吹きなれてからも高音域のピッチは下がりやすい印象。
  • リード自体の振動が、天然ケーンのリードに比べて感じにくいため、吹いていて不安がある。

VENN サイズ違いによる吹きやすさ、コントロール

・VENN CL2.0 JAN:0046716587053

吹奏感はかろやかで良いが、ピッチコントロールを気にする必要アリ。

・VENN CL2.5 JAN:0046716587077

1番吹奏感は通常リードに近く、音色も良い。ただし、中音域においてやや音が開いてしまう傾向。

・VENN CL3.0 JAN:0046716586711

ピッチは1番安定しており、発音も比較的し易い。天然ケーンリードだと3.5の強度になり、やや固く重めのため、吹き慣れるまでの時間は必要。

総評

教室会員様で樹脂製リードを使用している方がいらっしゃいますが、天然ケーンリードを育てていく難しさ、歯痒さのようなものは常に感じるので、VENNリードも、吹奏感やポイントの違いを把握して、吹き慣れればオススメできる商品です。

レビュー商品のご購入はコチラから

  • Vandoren 5RVライヤー
  • Rovner 1R
  • VENN CL3.0 JAN:0046716586711

その他の強度一覧は こちら


インストラクタープロフィール

槌井 加奈子(つちい かなこ)

  • 島村楽器 ラゾーナ川崎店 クラリネットインストラクター
  • 昭和音楽大学短期大学部音楽科卒業。
  • これまでに武田 忠善、千葉 直師の各氏に師事。
  • 横浜市消防音楽隊、浜松市消防局 非常勤職員(兼 音楽隊)として活動後、現在に至る。

クラリネット教室の詳細は コチラ

関連記事

<リード>【新製品】D'Addario(ダダリオ)より新世代樹脂リード“VENN(ヴェン)”登場

【新製品】D'Addario(ダダリオ)新世代樹脂リード“VENN(ヴェン)”商品レヴュー画像

最新記事

<フルート>【新商品】パールフルートよりBrillante(ブリランテ)、Dolce(ドルチェ)の数量限定モデル
<バッグ>PROTEC(プロテック)からホルダーとしても使用可能なホルン用ミュートバッグ発売
<マウスピースポーチ>PROTEC(プロテック)からネオプレーン素材の新色ブルーが発売
<ケース>【新製品】anello × Pearl Flute フルートバッグ限定カラー”ブラック&ゴールド”発売
<ケース>【新製品】RITTER(リッター)より管楽器用ケース9種が発売

一覧はこちら >>