管楽器PLAZAニュースでは、新製品情報や管楽器にまつわる様々な情報を発信しています

最新ニュース

<クラリネット>【新製品】Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)柘植製 “Légende”(レジェンド)発売

News&Topics 新製品

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)フランス本社にて発表された柘植製クラリネット “Légende”(レジェンド)が限定受注生産にて受注開始となりました。

受注開始日:2020年12月22日(火) 

Légende画像

現在のクラリネットの多くはグレナディラ材が使用されていますが、クラリネットが誕生した頃には柘植製や黒檀製が主流で、グレナディラ材が普及したのは海洋交通が発達し、アフリカ大陸から良質なグレナディラ材が多くヨーロッパへ輸入されるようになってからになります。

古来より柘植は、その強度と硬さから狩猟用の道具や武器の製造など生活必需品として使用されており、ボックスウッド(boxwood)という名前の由来も、古代ギリシャにおいて”小箱”を作成する材として柘植材が使用されていたことが語源となります。中世になると、宝飾品の製造に必要な金や銀をハンマーで叩いて成形するための金型作りにも使われていました。そして約300年前には、その素材強度、音響的特性から楽器製作の名手たちに選ばれる木材となり、”リコーダー”や現代クラリネットの前進である”シャリュモー”に使用されていくようになりました。

ビュッフェ・クランポンでは、楽器制作において伝統的な柘植材を近年の技術革新でもって、現代の楽器と同様に品質が高く、演奏に適した信頼性の高いクラリネットを実現。

その特長として、従来のグレナディラ製には無い”よりソフトで丸みを帯びた音色””独特の響き”をする類まれな楽器が誕生しました。

現代では、グレナディラ材は良材の枯渇が危惧されており、楽器制作に使用できる良質な材料がとても貴重になってきています。環境保全の取り組みとしても、柘植材の新しいクラリネットによる表現性や可能性がイノベーションされ、普及していくことを期待したいと思います。

“Légende”(レジェンド)仕様

調子/カタログNO in Bb BC1156BL-2-3J
in A BC1256BL-2-3J
仕様 管体柘植製
上管の一部のトーンホールにグリーンラインを使用
バレル2本(in Bb: 66mm&65mm 、in A: 64mm&65mm)
19キー6リング
調整可能指かけ
LowFコレクションキー
銀めっきキー(キーポストは金めっき)
“Légende”専用キーデザイン
Ebレバー
精密特殊加工スチール針ばねおよび板ばね
ゴアテックスパッドおよび天然コルクパッド
“Légende”専用 HIGH TECH仕様ケース(アルミニウム、ブラウンレザー)
シングルまたはダブル(Bb/A用)“Légende”専用ケースカバー
付属アクセサリー “Légende”専用リガチャー(ピンクゴールド)
〈BC〉オリジナル銀めっき製マウスピースキャップ
〈BC〉オリジナルスワブ
販売価格 in Bb (税抜)¥1,450,000 (税込 ¥1,595,000)
in A (税抜)¥1,590,000 (税込 ¥1,749,000)

限定受注生産品

  • 柘植製 “Légende”(レジェンド)は、貴重な木材を使用して製造しているため、生産本数がごく限られており、限定受注生産となります。
  • 環境の影響を受けやすく極めてデリケートな製品のため、取り扱い上の観点から、試奏は〈ビュッフェ・クランポン〉東京ショールームのみとなります。
  • 製造後に工場において、木部が安定するまで観察期間を設ける都合上、納期は受注後3か月以上かかる見込みとなります。

ビュッフェ・クランポン柘植製“レジェンド”を語る ― オリヴィエ・パテ氏

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席クラリネット奏者のオリヴィエ・パテ氏の商品コメント動画。動画内ではパテ氏による柘植製“Légende”(レジェンド)での演奏もご視聴いただけます。

関連記事

管楽器PLAZA 新製品カテゴリの記事一覧

最新記事

<マウスピースポーチ>【新製品】SNOOPYマウスピースポーチがリニューアル
<サックス>【新製品】『Supreme(シュプレーム)』SELMER Paris Artistによる試奏レビュー
<サックス>【新製品】SELMER Parisより『Supreme(シュプレーム)』新登場
<フルート>【新製品】レガートラルゴ x パールフルートのコラボレーションフルートケースカバーが新登場
<ケース>【新製品】C.C.シャイニーケースⅡよりトロンボーン用エアロ ケース登場

一覧はこちら >>