管楽器PLAZAニュースでは、新製品情報や管楽器にまつわる様々な情報を発信しています

最新ニュース

<ホルン>【お手入れ】演奏前と後に必ずやりましょう

News&Topics 商品

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

ホルンのお手入れは難しい!?

やわらかい響きで聴く人の心を魅了する、フレンチホルン。
優しい響きとは裏腹に、演奏者にとって奏法も、お手入れも、楽器のお値段も、ちょっぴりハードルが高いと思われがちですが
正しい知識を身につければ怖くありません!

ちなみに管楽器PLAZAでは長期展示品・傷あり品などお買い得なホルンもございます!

正しい取り扱いを覚えましょう!

ではさっそくホルンの取り扱いを見ていきましょう。

組み立て方

ケースから出す

細いところに力を加えないよう、優しく持ち上げてください。

ベルを組み立てる

まずネジ山とその受け側をガーゼやクロスなどで乾拭きします。
(※オイルやグリスは一切何も付けてはいけません!)

水平に入るよう、慎重に回していきます。
少しでも引っ掛かりがあるようでしたらすぐやり直してください。
斜めに入ったまま無理に回すとネジ山を壊してしまいます。

オイル・グリスの差し方

ローターオイル

練習ごとに毎日差します。
レバーを押して抜差しを抜いたら

ストローの先端がロータリー軸まで届くように入れて、適量差します。

抜差し管にグリスを塗り、レバーを押しながら戻します。さらにレバーを数回押してオイルを馴染ませます。

同じ作業をあと2か所繰り返します。

ロータースピンドルオイル

練習ごとに毎日差します。
まずロータリーのふたを開けます。

回転している軸の隙間に1~2滴差します

ふたを戻して他ロータリーも同様に差します。

レバーオイル

月に1回くらいで大丈夫です。
レバーオイルを軸の隙間に1~2滴差します。

はみ出たオイルは綺麗にふき取ってください。

ツバの抜き方

ウォーターキーから

まずは簡単にキーを押してツバを抜く

抜き差し管から

レバーを押しながら抜差し管を抜いたら、逆さにしてツバを出す。

スワブで拭き取る

外れたところはクリーニングスワブでふき取ります。

回転させてベルから出す

息を吹き込んだ時「ポコポコ」音がしてたら、中に水が溜まっている証拠!水は下の方に溜まっています。

水が流れる方向を予想しながら回転させ、ベルの方へ出してあげましょう。

分解・収納の仕方

ベルを取り外す

ゆっくり回して、外れる瞬間手から落ちないように!

乾拭きをしてケースに入れる

水滴・手汗などしっかり乾拭きをして、ケースに収納したら

ケースの留め金が閉まったことを確認して終了!

困ったら楽器店へ!

いかがでしたでしょうか?皆さんも実際やってみて下さいね!

もしわからないことや不安な点があれば、お近くの管楽器リペアブースがある島村楽器店舗、または「管楽器シニアアドバイザー」がいる島村楽器店舗へお尋ねください。
皆さんのお悩みを解決しちゃいますよ!!

最新記事

<トロンボーン>【新製品】YAMAHAカスタムテナーバストロンボーン YSL-882OD 本数限定発売
<リード>【新製品】D’Addario(ダダリオ)より新世代樹脂リード“VENN(ヴェン)”がモデルチェンジ
<ユーフォニアム>【商品比較】マウスピースの選び方&おススメの入門用マウスピース
<ホルン>【商品比較】初心者さん向けマウスピースの選び方
TDM-700DAL2
<チューナー>【新製品】YAMAHA『ディズニーデザインアクセサリー』TDM-700DAL2アリス 限定発売

一覧はこちら >>